Press "Enter" to skip to content

自宅で網戸を張替えるタイミングはいつか

永く住んでいるうちに家の中では、さまざまなメンテナンスを必要とする事があります。普段はあまり気にかけないですが、網戸もそういう箇所のひとつです。年月とともに薄汚れて見えてきたり、何かで少し破けてしまったりすることがあるところで、気づいてから張替えを検討される場合があります。マンションなどでは、網戸の張り替えはマンション管理会社が業者に頼んで一斉に手配することもありますが、個人の家ではご自分で専門業者を探して依頼をするか、ご自分で張替えに挑戦してみることが多いでしょう。張替えは一見難しそうですが、インターネット動画では方法を指南してくれる物もありますので、ネットを上手に活用すれば個人でもできない作業ではありません。けれども失敗なく綺麗に張替えを希望する場合には、やはり業者に依頼をすることをおすすめします。

網戸の設置場所や状況で張替える時期も変わってくる

網戸の張替えはご自宅によっていろいろありますが、汚れてきて向こう側が見えにくくなったり、年末にする大掃除の時に確認してみて、必要であれば張替えを検討する方は多いものです。戸外に出入りする時に使っている割には、普段からしっかりと目にする機会が少ない箇所でもあり、日々それほどチェックすることがないために大きな汚れや損傷箇所でもないと、気づかれにくい部分ではあります。ただし網戸は、外に繋がる箇所に設置がされているために、ずっと太陽光線を浴びて、日差しや外気と触れているなどすれば、劣化がしやすいところでもあります。南側に設置されている網戸と北側に設置されているのとでは、劣化の具合も変わってくるというわけです。また網の枠が衝撃を受けるなどして歪んでしまった時には、劣化に関係なく早急な交換が必要となります。

網戸の素材や使い方によっても張替えのタイミングは違ってくる

網戸の網の劣化は素材や使い方法によっても違ってきます。日光が劣化の原因となることが多いですから、どうしても日当たりの良い場所にあれば、劣化が著しくなり交換をする時期も早くなります。日差しは西側からが特に強いですので、その方向にあれば、劣化は一番早くなる傾向があります。一度しっかりとご自宅にある網戸のそれぞれの設置場所をまわってみて、目視を通して状況を把握しておくこともおすすめします。その上でそれぞれのタイミングを考慮して、一度に全部を張替えるか、場所によって替える期間を決めておいて計画的に作業を進めるのも良いです。他にも、閉めていても虫がなぜか家の中に入ってくる時や、動かしにくくなっていたり外れやすくなっている時なども、張替えるタイミングが疑われますので、点検をしてみることをおすすめします。