Press "Enter" to skip to content

意外と知らない網戸の張替えの基本

夏場に重宝する網戸ですが、そのお手入れ方法や張替えのことは意外によく知らないものです。自宅の網戸も気付かないうちにボロボロになっているかもしれません。いくつかのポイントを抑えてチェックしてみましょう。まず、目で見て網戸のメッシュに破れやほつれがある場合は交換が必要です。小さな穴であれば部分補修できる可能性もありますが、数年以上交換していないのであれば張替えをおすすめします。見た目に異状がなくとも、古びた網戸は指で押すだけで簡単に破れたり、崩れたりしますので、掃除のついでなど定期的なタイミングで確認しておくとよいでしょう。また、メッシュ以外の滑車や枠の部分も徐々に劣化が進みます。滑りが悪くなって開閉しづらくなってきたり、枠が歪んできたりしたら交換を検討しましょう。

網戸の張替えのタイミングについて

一般的に網戸は5年から10年もつとされていますが、環境によってはもっと早く寿命を迎えることもあります。網戸のメッシュを劣化させる一番の原因は太陽の紫外線です。家の立地や窓の向きにもよりますが、概ね3年目辺りから劣化が始まるとされています。他にも外気や開閉の頻度など、さまざまな要因で網戸は劣化していきます。網戸が劣化すると外から虫が入ってきやすくなったり、窓枠から外れやすくなったりします。網戸の機能性を充分に確保したいと考えているのであれば、劣化が始まる前、すなわち2年ごとに交換するのがおすすめです。少しくらい機能が落ちても大丈夫という方は4、5年ごとでも充分でしょう。そして網戸の機能はそれほど気にしないという方も、10年に一度は張替えを行うことをおすすめします。

古くなって劣化した網戸を張替える方法

網戸を張替える方法としては、業者への依頼とDIYがあります。業者に頼んだ時の相場は5000円前後で、基本料金に網戸の枚数が上乗せされていく形が多いようです。サイズが大きいほど料金も高くなります。一方、DIY時の相場は数百円から2000円程度となります。お金を払って早く綺麗に直してもらうか、安さを取って自力でやるか、どちらを選ぶかは人それぞれでしょう。網戸の張替えを頻繁にするのが面倒だという方は、取り付ける網戸の種類を変えてみるのも手です。網戸の中には強い耐候性を持つものや、耐久性のあるものなども存在します。通常のものより価格は少し高めになっていますが、張替える回数が減る分将来的にはお得と言えます。他にも通気性に優れるものや遮視性のあるものなど、さまざまなタイプの網戸がありますので、張替えを機に自分の家にぴったりな網戸を選び直してみるのもいいかもしれません。