Press "Enter" to skip to content

網戸を張替える際の基礎が学べます

網戸は窓を開けたときに虫の侵入を防ぐことができ、窓を開けたときに外から部屋の中が丸見えになるのを防ぐこともできます。そんな便利な網戸ですが外にあるので劣化もしやすく、汚れやすくもあります。網戸の張替えはいつ頃するのが良いのでしょうか。網戸は網の部分だけではありません。網戸枠や戸車も交換が必要になります。張り替えの目安は10年から15年網戸枠の交換は20年です。中でもネットが一番弱いので枠を交換するまでに2回から4回交換が必要となります。これは劣化の具合で変わり、良く使用する場所とあまり開閉しない場所とでは劣化の進行具合も変わってきます。また、直射日光が良く当たる場所などは劣化が早いといえます。網戸がゆがんできていたり、虫が入ってくるようになったり動きが悪い、外れやすいなどを交換の目安にしましょう。

網戸の張替え前に知っておきたい事

網戸を張替え前に網戸の種類について確認します。網戸は大きく分けて4種類あります。最も普及している網戸です。アコーディオンタイプは使わないときに楽器のアコーディオンのように折りたたみ収納できるタイプで、プリーツタイプとも言います。必要のない時には折りたたみできるのでより窓の景色を楽しむことができ、おおきな掃き出し口や勝手口の扉に使用されています。これは張り替え出来ないものもある為確認が必要です。網をロールで巻き取ることのできるロール式もあります。これは網の裏を掃除することが難しく、虫を巻き込んでしまうこともあり、デメリットになります。また、別に折戸式はアコーディオンタイプをより、パワーアップさせたようなもので玄関のドアに良く使用され、開閉の際も煩わしくなく、風通しが良いのです。どの網戸枠にもメリットデメリットがあるのでその場所にあった、最適なものを選択するようにしましょう。

網戸を張替えるにはどのようにすればよいか。

網戸を張替える際、網戸の色も吟味すると良いでしょう。一般的なのはグレーですが、黒は室内から外を見る時景色がきれいに見えます。網のマッシュも大きさがあり、虫対策には目の細かい網目を、景観重視には大きめの網目を選ぶこともできます。張替えに必要な道具は網戸のネットの他網戸用のゴム、ローラー、カッター、ハサミ、クリップ、ブラシ、ドライバーです。ゴムを外して古い網を取り除きます。ゴムの切れ目を探し、ドライバーでゴムを外します。この時枠を押さえながらゴムを引っ張るようにします。新しい網を用意し窓の大きさより10センチ程大きめにカットします。ゴムの縁をコーナーの溝にL型に入れ、網を固定させます。ゴムを溝の上に置き、溝と網を平行にして、もう一方の端にもゴムをいれ、網を仮止めします。固定したところから溝にゴムを押し込み、残りの辺にもゴムを入れて余分な網をカットして出来上がりです。

初めての畳替えで何をしたらよいかわからない方も安心してご相談いただけるように心がけています。 土・日・祝日でも、お客様のご都合に合わせてお伺いいたします。 初めての方でも安心してご利用いただけるよう、安心、丁寧な対応を心がけております。 年間施工数は畳が117,289帖、襖が114,293本の実績を持つ当社にお任せ下さい。 網戸の張替えなら充実サービスのまごころ畳へご連絡を